その他 | ドメイン価格 激安情報局
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
01
22

ドメイン名の価値を決める面白い要素

ウェブ制作者やSEO担当者に人気のサイト「Web担当者Forum」の「海外&国内SEO情報」のコーナーの一部で、「ドメイン名の価値を判断する14の要素」というものが取り上げられていました。

・ECサイトのトップページに設置したい27個の機能と情報 など10+2記事(海外&国内SEO情報)

14個の項目すべてがなにかは元記事を参照していただくとして、個人的に気になった要素を幾つかピックアップしてみたいと思います。

ドメイン名の価値を決める面白い要素



トップレベルドメイン名

紹介記事および元ネタの「Domain Tools」のブログでは、.comがもっとも価値のあるドメインだとされています。

以前からこのブログでも、SEO上も.comや.netといった歴史あるドメインの方がやはり有利なのではないか、逆に.infoのようなスパムサイトにつかわれやすいドメインは危険なのでは、といったことを記事にしてきました。

もっとも、この元記事はあくまでも「ドメイン名が売買されるときの価値」であって、それが「SEO上の価値を持つか」とは意味が違っています。
しかし、価値あるドメインを取得するには、より高額を支払う必要があるのも事実ですので、そうした経済原理が、SEOにもやはり影響してくるのでは、と思っています。

ちなみにこれは元ネタが海外ブログですが、日本の場合は「.jp」が世界でもっとも安全なドメインとして認められているということや、その価格(平均して.comの2倍以上)もあって、.jpの方が価値は上かもしれません。

数字を付け足さない

一例として、「example24.com は example.com より価値が低い」というものが挙げられています。

あまり考えたことがなかったのですが、たしかにドメイン名に数字がついているものって少ないですね。
数字がつくと価値が低いのは、数字がついていると覚えにくくもなってしまいますし、なにより別のドメインの二番煎じ、三番煎じ、といったイメージがついてしまうからだと思います。

ウェブサービスとかでも、自分の希望するユーザーIDがすでにとられていたりすると、仕方なしに数字を後につけたりしますが、あれもあまり印象は良くないですね。
そういう意味では、そのうちウェブサービス(たとえばFacebookとか)のIDやアカウント名すら売買される日が来るのかもしれません。


入力ミスや誤字

紹介記事ではyhooやgogleが挙がっていますが、Domain Toolsの元記事ではFlickrが例に挙がっています。

とくにFlickrは発音が「Flicker」なので、その通りに入力してしまうミスが多いことで有名です。

ちなみにflickr.comは、「flicker.com」の母音のe入りのドメインも念のために取得しています。が、このドメインを取得するまでには紆余曲折あって、元は別の人が取得していて、なんと年間360万のユニークアクセスがあり、一説では数十万ドルで取引されたらしいです。

・Flicker.comドメイン、ついにYahooのものに。そして今明かされる「E」なしドメイン名の歴史

こうした経緯もあって、有名なサイトやキーワードの類似ドメインには、とくに大きな価値(というか価格)がつけられているようです。

中古ドメインの取得などを考えている方は、あらためて自分の取得しようとしているドメインの価値を測るときにちょっと思い出してみてください。
スポンサーサイト
久しぶりに新しいドメインに関するニュースのお知らせです。
お名前.comで、.soドメインの先行登録(ランドラッシュ)が始まりました!

この「.so」ドメインは、ソマリアに関するドメインです。
現在、まだ一般登録ははじまっていないドメインですが、お名前.comでは一般登録に先駆けて先行登録(ランドラッシュ)を行っています。

商標登録者の希望が優先されることもあり、100%確実に希望ドメインが取れるとは限りませんが、それでもかなりの確率で自分の希望するドメインが取得できます。

とくに「3 letter domain」や「5 letter domain」と呼ばれる、ドメインを除いた部分の文字列が数文字のドメインはいつもすぐに取得されてしまいますので、ランドラッシュでの登録を狙うのもありでしょう。

短いドメイン名は覚えてもらいやすく、またブランド構築もしやすいこともあり、人気があります。このブログでも紹介している「.me」ドメインなどは、「私」を意味する英単語であるということもあり、個人のプロフィールサイト的なものを作るので人気が出ました。

今回は「.so」ですが、英語では「~なので」と理由を示すドメインですので、その辺りを上手く引っ掛けたサイトを作ると面白いかもしれません。

それから、あとは日本語でもドメイン名をキーワードの一部に組み込むというブランド構築手法もあります。

たとえば「noumi.so」というドメインを取得することで「脳みそ」を意味させることができます。頭脳やIQアップに関するサイトを作ったり、脳科学に関するサイトを開設する場合などに面白いのではないでしょうか。

そのほかちょっと考えてみたものとしては、以下のようなものがあります。

nisankatan.so → 二酸化炭素の増加や温暖化に関するサイト

syo.so → 勝訴、つまり裁判や弁護士関連のサイト

youko.so → 「ようこそ」という意味を表すポータルサイト

面白いサイト名は、人の記憶にも残りやすいので、マーケティング効果もあります。
良いドメイン名を思いついたら、.soの先行登録ができるいまのうちに取得にチャンレジしてみましょう。

それから.infoの50円キャンペーンも、半ば予想通りではありますが延長となっています。

その一方で、やはり.netドメインの500円キャンペーンは二次延長なしで、短期間で終了してしまいました。
やはり.comや.netのキャンペーンは貴重ですね。

ただ、かわりにスタードメインの580円キャンペーンが28日までは継続中ですので、.netが欲しい方はぜひお早めにお申し込みください。
2011
01
16

お名前.comで、.net500円キャンペーン延長中!

お名前.comによる.net500円のお得な割引ですが、1月18日19:00までの期間限定でキャンペーン延長中です。

それから、あわせて.info50円キャンペーンもいつものように延長になっています。

これまでのキャンペーンの期間や延長記録を見ると、.infoはともかく、.netはあまり長期的には割引キャンペーンを行っていませんので、取得はお早めに!


それから、スタードメインによる.com780円などのキャンペーンも1月28日で終了ということで、そろそろ期限が迫ってきました。
.com取得予定の方は、うっかりキャンペーン終了してた、ということのないようにご注意ください。

あとはムームードメインが1月15日で7周年を迎えました!、が、とくにキャンペーン情報などは発表されませんでしたね。.com500円とかひょっとしたら発表あるかも、と期待していたのですが。

まあ、ひょっとすると他社のキャンペーンの開始・終了にあわせてなにかを計画中とかかもしれません。もしお得な情報がありましたらまたご報告したいと思います!
12月31日から割引キャンペーンを行っているスタードメインですが、さらに追加で.infoの値下げを発表してきました。

今回の値下げにより、.infoの価格は380円に!
これはお名前.comの現在の.info価格とまったく同じで、狙いどころがすごくわかりやすいです。

一時期の10円や50円に比べれば割高ではありますが、それでもgTLDドメインのなかではやはり格安の.infoドメイン。SEO上で若干不利な可能性がありますが、サテライトサイトへの利用など、そこまで検索順位を気にしない場合には安く大量取得しやすくて便利です。

それから、スタードメインのキャンペーンで現在狙い目ものとして.net580円があります。ドメインとしての歴史も長く、信頼性の高い.netドメインがこの価格まで値下がりすることはなかなかないので、いまが取得のチャンスです!

多くのサイトの制作が必要なWeb制作会社や各企業のWeb担当者の方、アフィリエイターの方はぜひこのチャンスを逃さないようにしてください。

→ スタードメインのキャンペーンを詳しく見る
サイトが閉鎖したり復活したり、創設者が逮捕されたり保釈されたりと話題に事欠かないウィキリークス(Wikileaks)。本日もデモが行われたりと騒動は治まる気配がなかなかないですが、色々あっても現在もサイトは存続しています。

本来のドメインであったwikileaks.orgはアクセス不能ですが、かわりに幾つかの別ドメインにて運用されています。
そして、万が一現在利用しているドメインなどもすべて利用不能になった場合のために、ウィキリークスはミラーサイトを用意しています(正確には、有志が提供しています)

本日2010年12月17日現在、そのミラーサイトのアドレスはなんと2190個に上ります。
そこで今回は、これらミラーサイトをドメイン別に分類してみることにしました。

ウィキリークスミラーサイト ドメイン数ランキング


※ccTLD(国別ドメイン)の場合は、国名をドメイン名の後ろに記載しています。

450  .com  gTLD
302  .net  gTLD
294  .org  gTLD
245  .de  ドイツ
100  .nl  オランダ
80  .info  gTLD
56  .eu  EU
46  .fr  フランス
44  .ch  スイス
36  .uk  イギリス
34  .se  スウェーデン
31  .es  スペイン
24  .me  モンテネグロ
23  .at  オーストリア
23  .cz  チェコ
21  .cc  ココス諸島
21  .ru  ロシア
20  .ca  カナダ
18  .us  アメリカ合衆国
14  .br  ブラジル
13  .be  ベルギー
13  .no  ノルウェー
12  .ar  アルゼンチン
12  .biz  gTLD
12  .dk  デンマーク
10  .cx  クリスマス島
10  .ro  ルーマニア
9  .co  コロンビア
9  .in  インド
8  .it  イタリア
8  .pl  ポーランド
8  .tk  トケラウ
7  .au  オーストラリア
7  .jp  日本
7  .mx  メキシコ
6  .su  ソ連
6  .fi  フィンランド
6  .nz  ニュージーランド
6  .tv  ツバル
6  .ua  ウクライナ
6  .lv  ラトビア
5  .cl  チリ
5  .lt  リトアニア
5  .ly  リビア
5  .name  gTLD
5  .nu  ニウエ
5  .ws  サモア
5  .za  南アフリカ
4  .im  マン島
4  .li  リヒテンシュタイン
4  .sk  スロバキア
3  .lu  ルクセンブルク
3  .pt  ポルトガル
2  .cat  カタルーニャ
2  .ee  エストニア
2  .hr  クロアチア
2  .ie  アイルランド
2  .io  インド洋地域
2  .is  アイスランド
2  .la  ラオス
2  .md  モルドバ
2  .mk  マケドニア
2  .si  スロベニア
2  .sl  シエラレオネ
2  .st  サントメ・プリンシペ
2  .tc  タークス・カイコス諸島
1  .am  アルメニア
1  .bg  ブルガリア
1  .bs  バハマ
1  .bz  ベリーズ
1  .ec  エクアドル
1  .edu  gTLD
1  .gd  グレナダ
1  .ge  グルジア
1  .hk  香港
1  .ht  ハイチ
1  .ir  イラン
1  .ma  モロッコ
1  .mobi  gTLD
1  .my  マレーシア
1  .pe  ペルー
1  .rs  セルビア
1  .sh  セントヘレナ
1  .tm  トルクメニスタン
1  .to  トンガ
1  .tw  台湾

以上が、現時点でのドメイン数ごとのランキングになります。

.com .net .org が多いのは、やはり伝統的にこの辺りのgTLDドメインが広く使われていることをうかがわせます。

けれどgTLDドメインだけでなく、非常に多数のccTLDドメインが使われている点にも注目です。
検索におけるロングテール現象ではないですが、一種類のドメインにこだわらずに多岐にわたって分散しています。日本の.jpドメインも7個載っています。

それだけ世界中から関心が集まっているということでもあるのでしょうが、それだけではなくあえてマイナーなccTLDを取得している人が多い気もします(あくまで推測ですが)。
wikileaks.orgが停止しても他のドメインで利用ができているように、ドメインの種類を増やすことでリスクを分散できるからです。

インターネットが普及するとともに増えてきたドメインですが、それがこのようなリスク分散にも使われるようになったというのは興味深いです。

おすすめサイト

ブックマーク&RSS

あわせて読みたい

あわせて

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。