ドメインとSEO | ドメイン価格 激安情報局
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
12
16

未来のSEOのために正しくドメインを使い分ける

本日は正統派SEO記事のお届けです。
あまり他では見たことのない観点から、ドメインとSEOについて触れてみたいと思います。

SEOの初心忘るるべからず



さて、まず少しだけお堅い話から。

SEOというと、インターネット初期のキーワード詰め込み(ページの最下部などに関連キーワードをひたすら詰め込む手法)に始まり、あまり良いイメージを持たれないことが多いです。
しかし、本来の正しいSEOとは良質なコンテンツを作り、そしてその内容に共感・感動した人がリンクしてくれることによって被リンクを集めるというものです。

これは正統派SEOを心がけいているサイト管理人やSEO関連業の人なら、肝に銘じているはずのことです。

さて、なぜこんな当たり前のことを再度書いたかというと、ドメインの持つSEO効果を気にされる方が想像以上に多いようなので、SEOの基本を思い出してほしかったわけです。

まだ日の浅いこのブログではありますが、じつは現在のアクセスのほとんどが.infoドメインなどの格安ドメインとSEOに関連したキーワードだったりします。

つまり、SEOで上位に行くにはどのドメインにすべきなのか、を気にされている方がかなりの量いるわけです。

もちろんドメインとSEOの相関関係は現在は皆無ではないようですし、.infoがSEOに不利な可能性や、.meとGoogleの関係なども、実際記事にしてきました。

しかしドメインを取得する際には、SEOのことだけを念頭に置かないようにしてください。なぜならドメインには、それぞれのドメインごとに想定された「用途」があるからです。

そして、このドメインの用途というのは将来のSEOにおいて、重要になってくるのではないか、と個人的には思っているからです。

ドメインごとの用途



まずドメインごとの用途という点について確認したいと思います。
そんなの分かってる、という方はこの項は飛ばしてもらってもOKです。

トップレベルドメインにはなど幾つかの種類がありますが、一般に日本の企業や個人が取得する倍には、レジストラ・リセラーが販売しているgTLDかccTLDを利用することが多いです。

ccTLDとは

この両者のうち、目的が非常にはっきりしているのがccTLDです。
ccTLDは「country code Top Level Domain」の略で、日本語では「国別トップレベルドメイン」と称されます。

これは国ごとに定められたドメインという意味で、もっとも馴染み深いのは日本に割り当てられた.jpドメインだと思います。

国ごとに割り当てがあるわけですからじつに無数のドメインがあり、あまり使われていませんがアメリカに割り当てられた.usや、先日も記事にした.me(モンテネグロ)、なかには.vc(セントビンセント及びグレナディーン諸島)というものもあります。

gTLDとは

一方でgTLDは「generic top-level domain(ジェネリックトップレベルドメイン)」と呼ばれ、国別ではなく、幅広い一般用途に用いられるものだとされています。

gTLDで有名なのは、.com .net .org といったものや、格安販売やSEOの有利・不利で問題になった.infoなどがあります。

よく誤解されているものに「.jpは日本のドメインで(これは正解です)、.comはアメリカのドメインだ(これが間違い)」というのがあります。

アメリカでインターネットが普及した経緯もあり、.comはアメリカのドメインだと思われがちですが、そんなことはありません。

.comは本来は「commercial(商用)」の略であり、アメリカに限らず商用用途に使われるためのドメインです。ほかにも、.netはネットワーク、.orgは非営利組織、といったようにそれぞれ用途が定められています。


将来、ドメインとコンテンツの乖離はSEOに不利になるのでは?



さて、このようにccTLDもgTLDもそれぞれドメインに意味があったわけですが、現在はこの用途や意味を気にすることは少なくなり、むしろドメイン別のSEO効果ばかりが注目されるようになってきました。その代表例がSEO上不利だとされる.infoの問題です。

しかし、はたしてSEOなどの観点だけからドメインを取得してもいいのでしょうか?

たとえば、先日も.jpドメインの管理をしているJPRSが「2年連続で「.jp」は世界で最も安全な国別ドメインと評価」というプレスリリースを出しました。

そうなると日本以外の海外のサイトもこぞって.jpドメインを取得に走るかもしれません。(実際には.jpは審査が厳しく料金も高いので難しいとは思いますが)

すると、海外のサイトなのに.jpドメインで運用しているという違和感のある状況になります。
しかし、これに違和感を感じるのは「.jp=日本」というのにただ慣れているだけでしかありません。.meは「自分」という意味でも使えるからといってモンテネグロのドメインを使うのも、まったく同じ状況なわけです。

Googleの賢さを侮ってはいけない

こうしたドメインの用途・意味と中身のコンテンツが乖離(分離)してしまうというのは、冷静に考えれば非常におかしな状況です。

もし私がGoogleのなかの人だったら、海外サイトなのに.jpドメインを使っているサイトがいれば、SEO効果を狙ったスパムの一種だとして、評価や順位を下げるかもしれません。

これは.jpでなくても同じことが言えます。
たとえば.telというデータ通信サービス(電話番号)のためのドメインで、なんの関連もないケーキ屋のサイトが運営されていたら奇妙です。
そのため、やはりSEO上不利になるかもしれません。

ですから、ドメインを取得する際にはドメインごとの信頼だけにとらわれずに、その用途とある程度一致したコンテンツが作れるか、にも注目しておくのが大事ではないか、と個人的に予測しています。
現状はまだドメインの用途とコンテンツの関連性によるSEOの影響はあまりないようですが、いずれ出てくるのでは、と想像しています。

将来を見越しての対策



なお、もしこうしたドメインとコンテンツの関連性による影響が大きくなった場合の対策としては、コンテンツにあわせた正しい意味をもったドメインを取得する、という方法がやはり王道だと思います。

ただしもうひとつ、とても単純ながら効果のある対策が考えられます。

それは「.com や .net などの歴史あるドメインを利用する」ことです。

ある意味当たり前とも思えることですが、なぜこれが効果があるかというと、すでに.comや.netなどのドメインでは「ドメインとコンテンツ内容が一致しないけれども価値があるサイト」が無数に存在するからです。

取得できるドメインの種類が少なかった時代には当然のことですが、商用を意味する.comドメインであっても、非営利や個人の人も多くこのドメインを使いました。
そして現在も運営が続いているそれら.comドメインの中には、ドメインエイジも古く、そして貴重な情報が詰まったサイトが無数に存在します。

ですから、検索エンジンとしても.comのサイトがドメインとコンテンツ内容が一致しないからといって、今後も簡単に評価を下げるわけにはいかないはずです。

そう考えると、やはり歴史ある.com .netといったドメインを取得してサイトを構築するのが、今後もより信頼できる方法になるのではないかと思います。
スポンサーサイト
先日「.infoドメインが激安な秘密」という記事を書いたのですが、どうもこの記事にアクセスが集中しています。

やっぱり.infoドメインの安さを不思議に思っている方は多いようですね。
現在もお名前.comの50円キャンペーンが終了したとはいえ、ロケットネットが380円と格安で提供しており、gTLDドメインのなかでは非常に安い部類に入ります。

※追記:12/13~12/16限定でお名前.comが再び.info50円キャンペーンを始めたようです。

さて、.infoドメインが格安販売されるに至った理由は色々考えられるのですが
大きい理由は以下の二つだと思います。

・過去に.infoドメインのサイトへのアクセスが不安定になる問題があった。

・スパマーが.infoドメインを多用してサイトを作ったことで、SEO上不利に見なされるようになった、という噂がある。

.infoドメインが過去に起こした問題とは



一つ目のアクセス不安定問題については、2008年8月頃の事件です。
ドコモやイーモバイルなどから、.infoを利用しているサイトへのアクセスができない、または不安定な状態になるということが起こりました。

この原因は、結局は.infoドメインの管理会社によるものだと結論づけられています。
とくに下記のリンク先が詳しい説明をしていますので、興味のある方は読まれることをおすすめします。

・今年(2008年)の8月ごろ、.infoドメインのサイトがドコモの携帯やイーモバイルのデータ通信カードをつけたPCからアクセスできない、不安定な状態が発生しましたが、これの根本的な原因はいったい何だったんでしょうか。


.infoドメインが検索エンジンに嫌われている、は本当か



次に、.infoドメインがSEO上不利であるという噂について検証してみたいと思います。
こうしたドメインとSEOにまつわる噂は、こないだも.meとGoogleの記事を書きましたが、絶えることなく常にあります。

しかし、むやみと噂に縛られているのも良くないので、簡単にではありますが、.infoドメインがSEOに影響するかどうかの順位を調べてみました。

▼.infoドメインとSEOの関係調査

【調査方法】
今回は、Google検索上位30件のなかに.infoドメインを持つサイトが幾つあるかをカウントすることで調査します。

【調査キーワード】
キーワードに関しては日本語を選ぶことにします。
ただし代表的なビッグキーワードは使いません。
これは、ビッグキーワードはSEO業者などによる競争や順位操作が激しいためでもあり、またそうしたサイトは大抵は格安の.infoではなく、.jpや.comなどを利用していることが多いからです。

そこで今回は、比較的新しいものや、ややニッチなキーワードで調査します。
なるべくジャンルをバラけさせて5つのキーワードを選びました。

「ゲルマニウムローラー」検索総数 287,000 件

テレビCMなどでも広告を打ちまくっている商品ですね。
新商品はウェブで広告(あるいはアフィリエイト)する際にも、短期間で上位に行く必要があるだろうということで一つ選びました。

「フォトリーディング」検索総数 328,000 件

速読術の種類のなかでもかなりの高速で本を読めるという方法です。
検索総数30万件を超えてくるとニッチかどうか微妙なところですが。

「クトゥルフ」検索総数 229,000 件

あまり商売っ気のないキーワードもひとつ入れたいと思って選びました。
怪奇小説の大家ラヴクラフトが書いた一連の幻想小説です。

「ビーチサッカー」検索総数 639,000 件

ちょっと検索総数が多いですが、スポーツもひとつ入れておこうということで。
ワールドカップも開催されるなど、意外と人気の高いスポーツです。

「ヴィクトル・エリセ」検索総数 6,190 件

最後に1万件を切るような思いっきりニッチなキーワードも入れておこうということで。
10年に一回ぐらいしか作品を発表しないというマイナー映画監督です。


▼調査結果

▽「ゲルマニウムローラー」の上位30件のドメイン

11件 .com
8件 .net
5件 .co.jp
5件 .jp
1件 .org
0件 .info ※

▽「フォトリーディング」の上位30件のドメイン

13件 .com
8件 .jp
3件 .ne.jp
3件 .co.jp
3件 .net
0件 .info ※

▽「クトゥルフ」の上位30件のドメイン

6件 .co.jp
5件 .com
5件 .jp
4件 .net
3件 .ne.jp
3件 .org
1件 .or.jp
1件 .biz
1件 .to
1件 .info ※

▽「ビーチサッカー」の上位30件のドメイン

10件 .jp
7件 .com
6件 .co.jp
2件 .org
2件 .or.jp
1件 .ne.jp
0件 .info ※

▽「ヴィクトル・エリセ」の上位30件のドメイン

9件 .ne.jp
6件 .co.jp
6件 .com
5件 .jp
1件 .net
1件 .org
1件 .info ※

▼まとめ

以上のように、.infoドメインが上位30位以内に入っているのは「クトゥルフ」と「ヴィクトル・エリセ」でそれぞれ1回だけという結果に終わりました。

一方で上位に関してはやはりローマ字.jpや属性.jp、.com、.netといったドメインが強いことがわかります。

もちろん.jpなどの歴史あるドメインをとる個人・企業の方がしっかりしたコンテンツを作るということや、無料ブログなどが.jpなどを使っていることもありますので、この調査が完璧なものだとは言いません。
なにぶんSEOの専門業者ではありませんので調査方法やかけられる時間に不備があることは認めざるをえません。

しかしそれにしても、全150件のうち2件だという結果はさすがにどうかと感じてしまったのは事実です。
.infoがSEOに不利というのは都市伝説かもしれませんが、しかし「幽霊の正体見たり枯れ尾花(=.infoだって上位にたくさん来てる)」とは行きませんでした。

というわけで結論としては「君子危うきに近寄らず」を.infoドメイン利用に関してはおすすめします。
流行りも過ぎたツンデレ風タイトルで始めてみましたが(笑)
今回は.meドメインのSEO情報です。

果たしてGoogleはホントに.meがキライなのか、それともスキの裏返しなのか。
詳しくは、続きをご覧ください。

なぜ.meドメインのSEO情報を書こうと思ったかというと、
お名前.comが「.me 100円」キャンペーンを開始したせいだったりします。

これはあの「.info 50円」キャンペーン終了に伴う新しい施策だったわけですが、
僕は「なぜに.me?」とビックリしました。(どうやら以前もやってたみたいですが)

というのも、.infoの安さに関しては、.infoが激安な秘密にも書いたとおり、ドメインがSEO上不利という情報が出回っていました。
それでドメインが売れにくいため、キャンペーンに出たのだろうと推測できたわけです。

しかし.meに関しては、知る限りではSEO上不利という話は聞きません。
むしろ、Twitterやfacebookなどソーシャルネットワーキングの発展に伴い、.meは「私」を意味するドメインとして重要になるのでは、と思っていたぐらいです。

とはいえ、安さの裏には秘密ありだろうと思って調べてみました。
その結果「Google Hates .me Domains(Googleは.meが嫌い)」という、そのまんまな記事が見つかりました。

Google Hates .me Domains - ted.me

簡単にですが、内容をまとめてみます。

まずこのブログの管理人であるTed Murphyは、.meドメインを使ってこのブログを(2009年2月の)5ヶ月前に開始しました。が、Google.comの検索結果でぜんぜん自分のブログが上位表示されないため、その原因究明に乗り出したわけです。

もちろんSEOでの上位表示に関してはドメインだけでなくバックリンク(被リンク)も重要な要素になりますが、TedはTwitterやFacebookやその他各種サービスからのリンクをこの.meドメインに対して流していたようです。なのに効果がない。

そのうえ自分が所有しているtedmurphy.orgやtedmurphy.netは定期的に更新していないにもかかわらず、上位を保っている。こうなると、もはやSEOで結果が出ない理由はドメインにあるのではないか、と結論したようです。

そして最終的には「Beware of .me Domain(.meドメインに気をつけろ)」と警告して、ted.meという5文字のシンプルなドメインがとれることに誘惑されてしまった自分を後悔しています。それから、.meドメインがSEO上不利な理由についても考察していて、.comのようなアメリカの伝統的なドメインではなく、.meがモンテネグロに割り当てられたドメインだからではないかとして、話をしめくくっています。


かなり意訳・要約していますが、大まかに言ってこのような内容の記事でした。

さて、ここまで読むと「じゃあ.meドメインはやめよう」となりそうなものですが……どうもそう簡単には決められないようです。

ここでGoogleのデレ部分?が出てくるわけですが、じつは現在「ted murphy」で検索すると、このted.meのブログは、tedmurphy.orgとtedmurphy.ieに次いで、3位に表示されているんですね。

しかも、ブログ記事のコメントをよく読むと、この記事が書かれた5ヶ月後には一度2位まで浮上したことが指摘されています。それにGoogleも公式見解では「ドメインごとにSEO上の有利不利はない」ということを言っていたはずですので、やっぱり.meドメインは影響がないのかもしれません。

でも、そうするとなぜお名前.comは「.me 100円」キャンペーンを開始したのか。.infoがSEO上不利だというのはどうなるのか、とますます混乱してしまいます。

でも、そうやって混乱して行動できなくなるのが一番のマイナスですね。
.meだからといって絶対上位表示ができないというわけではないのですから、こうした情報に惑わされず、地道にサイト構築に励むのが一番かもしれません。

というわけで結論です。

もしSEO上のことを少しでも気にするなら、あえて.meを使う必要はありません。他の.comや.netなどの歴史あるドメインを使いましょう。
SEOのことを気にしなくて、なおかつ安くドメインを取得したいなら.meはおすすめです。
2010
12
02

.infoドメインが激安な秘密

この「ドメイン激安情報局」ではドメインの最低価格を日々チェックしていますが、
とにかく飛びぬけて安いのが.infoドメインです。

たとえば今日12月2日現在だと、もっとも安いTLD(トップレベルドメイン)は、
.infoの50円ですが、次点は.comの500円となっています。
じつに値段に10倍もの開きがあるわけです。

ついでに言っておくならば、11月中はロケットネットのキャンペーンを適用すれば、
なんと10円で取得することもできました。

とにかく他のドメインに比べて圧倒的に安いのが.infoドメインなのです。

もちろん、これをコストパフォーマンスに優れている!と喜ぶこともできます。
が、ちょっと考えてみると、なぜこんなに安いのだろうかとかえって疑問がわいてきます。

安いものには理由がある・・・というわけで、
やっぱり.infoの安さにも理由は隠されています。

それが「.infoドメインはSEOに不利」というものです。
これは、SEO業界では超有名な海外SEOブログさんで指摘された問題です。

.infoドメインは非常に安いためスパムサイトを量産するには、コストを抑制することができて好都合です。
このような理由から、Googleが.infoドメインのサイトに対して、“粛清”を始めたのではないかとAaron Wall氏は推測しています。
・info ドメインでは、グーグル上位表示は不可能

この記事に関して少し説明を補足しておくと、
もともと.infoドメインは、.bizドメインなどと同様にドメインとしては後発のものでした。

昔からある.comや.net、あるいは.jpといったドメインに比べて歴史が浅いため、
認知も低く、ドメインとしての信頼度も低くなっていました。

いまでも.vcなんてドメインは、知らない人が見たら、怪しいサイトかな・・・?と
ちょっと疑ってしまいますよね。
ちなみに.vcというのは、カリブ海にあるセントビンセント・グレナディーン諸島のドメインで、ちゃんとしたものなんですが。

そのため、現在ほどの激安ではないですが、.comや.netに比べれば
当時から安い価格設定になっていたわけです。

ところが、そこに目をつけたのがスパムサイト量産業者です。
まともなコンテンツがなにもないサイトを量産して、アクセスやクリックを稼ごうというのがスパムサイト量産です。
もちろん一日一人くればいいほうなのですが、プログラムなどをつかって1万ページとか量産すれば、上手くいけば合計1万アクセスが見込めるわけです。

ところが、この際にも無料ブログを使うよりは、独自ドメインを使ったほうがSEO上有利になります。
でも、大量に生産するので、高いドメインを取得するともったいない。
そこで次の図式が生まれました。

安いドメインを使ってスパムサイトを量産したい
 ↓
.infoが安いからこれを取得して使おう
 ↓
.infoドメインのスパムサイトが大量発生
 ↓
.infoのサイトはスパムが多いとしてSEO上不利に
 ↓
.infoドメインが売れなくなってレジストラが困る
 ↓
.infoドメイン激安キャンペーンを開始
 ↓
他のレジストラも追随して.info激安キャンペーン展開

とまあ、このような経緯があって.infoドメインの激安が定着したわけです。

もちろんSEO上不利とされているからといって絶対に上位表示ができないわけではありませんし、ビジネスの都合でスパムでないサイトを大量に作る必要もあるでしょう。

そういうときには.infoはとても便利なドメインなので、上手に使い分けていきたいものです。

おすすめサイト

ブックマーク&RSS

あわせて読みたい

あわせて

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。