そもそもドメインとは? | ドメイン価格 激安情報局
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
12
20

そもそもドメインとは?

そもそもドメインとは?

ドメイン価格について書いているこのブログですが、ドメインの基本的な話についても記事があった方がいいと思いまして、不定期ですが記事にしていきたいと思います。

ドメインとは


まず「そもそもドメインとはなにか」について説明します。

いきなり端的に言ってしまうと、ドメインとは「http://www.yahoo.co.jp」のようなURLのうち「yahoo.co.jp」の部分、ということになります。

ただ、これだけでは説明としてあまりに短絡的ですので、少し詳しく掘り下げたいと思います。

ドメイン=domain=領地



ドメインはスペルは「domain」と綴りますが、もともとは「領地・領土、分野・領域」を意味する英単語です。

「domain」を本来の用法で利用すると、次のような例文になります。
 ※例文は「Weblio」からお借りしました。

Chemistry is out of my domain. (化学は私の専門外である)

インターネットの世界でドメインを使う場合にも、この「領地・領域」という意味につながっています。たとえば「http://www.yahoo.co.jp」というURLがあった場合、ドメインは「yahoo.co.jp」の部分になります。
これは、広大なインターネットのなかで「このサイトはYahoo.co.jpの領地ですよ」ということを示しているわけです。

なお「domain」だけだと意味に幅が出すぎてしまうため、英語ではインターネットで使う場合は「domain name」と正確に表記する場合も多いです。
日本語でもより正しくは「ドメイン名」と言うこともあります。

ドメイン名はIPアドレスの代わり


さていったん話はかわりますが、IPアドレスについて少しお話しします。

現代社会では、誰かを訪ねるにしても手紙を出すにしても、相手の住所が分かっていないのでは連絡のとりようがありません。これはインターネットの世界でも同じことで、ホームページを見る(相手のサーバーを訪ねる)にしても、メールを送る(手紙を出す)にしても、住所が必要になってきます。

このインターネットにおける住所のことを「IPアドレス」と呼びます。アドレス=住所ですので分かりやすいですね。(ちなみに「IP」と「IPアドレス」は厳密には意味が違いますので注意してください)

IPアドレスは現在はIPv4という規格が主流で「○○○.○○○.○○○.○○○」という12の数字で表されます。それぞれの○○○部分には、0(1)~255までの数字が入ります。

これにより、Yahoo!JAPANの住所=124.83.139.192(※2010年12月20日現在)の住所、というように住所が定まります。

ところがこのIPアドレスは複数持てたり、人間には覚えにくかったりと数字そのままでは混乱が生じる恐れがあるため、人間が覚えやすい名前に変えた方が便利です。

そこで出てくるのがドメイン名で、IPアドレスという「住所」を、ドメイン名という「領地名」に置き換えてしまうわけです。

たとえば皆さんがそれぞれ住んでいる住所も領地だと言えなくもないですね。
「東京都~区~○丁目○番地」というのは一般には「住所」と呼びますが、ある意味ではその人の「領地」であると考えることもできます。

こういう言葉の意味のつながりから、IPアドレスをわかりやすくしたもの=ドメイン名、という形が生まれました。


いくつか専門的な部分を省略したところもありますが、大まかにいってこれがドメインとはのせ津名になります。
つまり、ドメインとは「インターネット上の住所であるIPアドレスを、人間がわかりやすい名前に変更したもの」と言えます。

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイト

ブックマーク&RSS

あわせて読みたい

あわせて

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。