マルチドメインのメリット・デメリット | ドメイン価格 激安情報局
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ドメインの基礎知識講座の二回目をお送りします。
今回は複数サイトを運営する上で必要になる、マルチドメインについての説明です。

マルチドメインとは



マルチドメインとは、複数のドメインをひとつのサーバーで運用することを意味します。英語の「multi(複数)」から来ている言葉です。

マルチドメインをいくつまで同時に利用できるかというのは、レンタルサーバーの各サービスごとに決まっており、マルチドメイン不可(ドメインは一個しか使えない)というところもあれば、運用するドメインがひとつ増えるたびに追加料金をとるタイプのサービスもあります。

なかにはマルチドメイン無制限(いくつドメインを使ってもいい)を謳っているサービスも幾つかあり、なかでも月額1000円程度で利用できるサービスとしては「エックスサーバー」が有名です。


◎マルチドメインのメリット

マルチドメインのメリットは「長期的なSEOに強い」・「SEOペナルティに対するリスクが分散できる」という点が挙げられます。

まず長期的なSEOに強いということから説明します。
これは、検索エンジンはサブドメインのサイトよりも独自ドメインのサイトを好む、ということが関係しています。

たとえばこのブログ自体FC2ブログで運用されていますが、FC2でブログを作るとそのURLはすべてサブドメインになります。そしてこのブログだけでなく、ほかに何万を超えるブログが、このFC2のサブドメインで作られています。

そうすると、そのような大量生産が可能なサブドメインのサイト(ブログ)よりも、独自ドメインのような自分でお金を払って取得しなければならないサイト(ブログ)を検索エンジンが好むのは必然です。
そうしたことから、長期的なSEOを考えた場合はマルチドメインが有利だと言えます。

またSEOペナルティに対するリスクマネジメントという観点からも、マルチドメインは有効です。

Googleのアルゴリズム変更などは予測が難しいため、あるとき突然にサイトのひとつがSEO上なんらかのペナルティを受けて、急速に順位が下がってしまうこともあるかもしれません。そのような場合でも、ドメインをサイトごとに分けていた場合には他のサイトまで順位低下に巻き込まれることがありません。

上記の二点が、マルチドメインの大きな二つの利点だと言えます。
次にデメリットについて見てみます。

▲マルチドメインのデメリット

マルチドメインのデメリットは「費用がかかる」「レンタルサーバーによっては使えない」の二点が挙げられます。

まず費用の面に関しては、複数サイトをすべてマルチドメインで別々に管理しようとした場合、ドメインの数だけ費用がかかることになります。

たとえば一番代表的な.comドメインでも通常700~900円程度しますので、これにサイトの数を掛けたものが初期費用としてかかってきます。また、ドメインは基本的には一年ごとの更新のため、初期費用と同じだけの額が毎年かかることになり、長い目で見るとかなり大きな出費となります。

それとレンタルサーバーによってはそもそもマルチドメインが使えないことが多いのも難点です。前述したように、マルチドメイン利用が不可だったり、追加料金がかかるサーバーもまだ多いので、これもデメリットと言えるでしょう。


以上がマルチドメインのメリット・デメリットといえますが、結論としてはすべてを別ドメインにすると決めてしまわずに、サブドメインと上手に併用して使い分けるのが良いと思います。

また今後も複数サイト運営をする予定がある方は、早めにエックスサーバーなどのマルチドメイン無制限サーバーへの乗り換えをおすすめします。

おすすめサイト

ブックマーク&RSS

あわせて読みたい

あわせて

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。