マルチドメインとサブドメインの使い分け | ドメイン価格 激安情報局
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回ではマルチドメインについて前回はサブドメインについてそれぞれの長所・短所をまとめましたので、今回は具体的に両者をどう使い分けるかという観点で話をしてみたいと思います。

マルチドメインの利用をおすすめする場合



マルチドメインを使う=独自ドメインをサイトごとに割り当てる場合ですが、一言でまとめてしまうと「将来的に自分のメインサイトにしたい場合に使う」と言えます。

大企業の場合などは別かもしれませんが、中小企業のウェブ担当者や、個人事業主、あるいはアフィリエイターの方々にとっては、予算や費用というのはとても大きな問題です。

長期的なSEOにはマルチドメインが優位だなんだといっても、そうほいほいとドメインを取得して割り当てるわけにはいかないと思います。とくにキャンペーンなので格安でドメインを取得しても、二年目以降の更新費用は通常料金だったりすることもあるので、維持費用という部分は注意が必要です。

ですが、やはり独自ドメインを割り当てていると、SEO効果への期待、訪問者への安心感、ブランド構築に有利、などのメリットがあります。
そのため、将来的に事業の柱にすることを考えているサイトや、アフィリエイトなら稼ぎ頭にする予定があるサイトの幾つかは、頑張って独自ドメインを割り当てましょう。

なんにでも独自ドメインを割り当てるのは採算に合いませんが、しかしドメインはただ運用しているだけでもドメインエイジが積み重なるなど、「長期投資」としての側面もあります。予算とのバランスを考えながら、ぜひ大事なサイトには独自ドメインをきちんと割り当ててあげてください。

サブドメインの利用をおすすめする場合



マルチドメインの話の裏返しになってしまいますが、サブドメインは「サブコンテンツやサテライトサイトを作りたい場合に使う」のがおすすめだと言えます。

サブコンテンツというのは、メインサイトのなかのブログやBBS(掲示板)といった要素のことです。それ自体でひとつのコンテンツとして外部に公開できるような要素のものは、サブドメインにすることで検索エンジンに対して別サイトとして認識させることができます。

そうすると、サブドメインのコンテンツからメインサイトへリンクを貼った場合には、外部サイトからの被リンクとして認識されますので、SEO効果が見込めます。もちろんメインの独自ドメインは共通ですので、自然なナチュラルリンクを外部からもらうのに比べると効果は落ちますが、それでもやはり有効な手法だと言えるでしょう。

ただし、なんでもかんでもサブドメインにするのはやめましょう。たとえば企業のサイトであれば、「会社概要」や「沿革」、「事業内容」などはメインサイトで運用してください。
なにもかもサブドメインで運用してしまうと、メインサイトの中身がスカスカになってしまって、メインの独自ドメイン自体のドメインパワーがなくなってしまいます。あくまでもメインサイトあってのサブドメイン、ということを忘れずに。

それからサテライトサイトや、あとは類似ウェブサービスを運用する場合にもサブドメインは便利です。

たとえば野球のメインサイトのサテライトを作る場合、ジャイアンツ、カープ、ドラゴンズ……と複数のサテライトサイトが作れますが、これを一個ずつドメイン割り当てたのでは大変ですので、さくっとサブドメインで作ってしまいましょう。(ただし、内容はさくっと終わらせずにきちんと作りましょう笑)

またウェブサービスを運営する場合でも、類似サービスを運用することがよくあります。たとえばTwitterからA型の血液型の人を探すサービスと、B型の人を探すサービスと、AB型の……とか。

これもひとつのサービスにまとめられるなら良いですが、血液型ごとにサブドメインを作って分けて運営してしまうのも手です。あえてサイト内容を分割した方が、ニッチで濃いユーザー層が獲得できる場合もあるので、上手に使い分けてみてください。

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイト

ブックマーク&RSS

あわせて読みたい

あわせて

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。