.infoドメインが激安な秘密 | ドメイン価格 激安情報局
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
12
02

.infoドメインが激安な秘密

この「ドメイン激安情報局」ではドメインの最低価格を日々チェックしていますが、
とにかく飛びぬけて安いのが.infoドメインです。

たとえば今日12月2日現在だと、もっとも安いTLD(トップレベルドメイン)は、
.infoの50円ですが、次点は.comの500円となっています。
じつに値段に10倍もの開きがあるわけです。

ついでに言っておくならば、11月中はロケットネットのキャンペーンを適用すれば、
なんと10円で取得することもできました。

とにかく他のドメインに比べて圧倒的に安いのが.infoドメインなのです。

もちろん、これをコストパフォーマンスに優れている!と喜ぶこともできます。
が、ちょっと考えてみると、なぜこんなに安いのだろうかとかえって疑問がわいてきます。

安いものには理由がある・・・というわけで、
やっぱり.infoの安さにも理由は隠されています。

それが「.infoドメインはSEOに不利」というものです。
これは、SEO業界では超有名な海外SEOブログさんで指摘された問題です。

.infoドメインは非常に安いためスパムサイトを量産するには、コストを抑制することができて好都合です。
このような理由から、Googleが.infoドメインのサイトに対して、“粛清”を始めたのではないかとAaron Wall氏は推測しています。
・info ドメインでは、グーグル上位表示は不可能

この記事に関して少し説明を補足しておくと、
もともと.infoドメインは、.bizドメインなどと同様にドメインとしては後発のものでした。

昔からある.comや.net、あるいは.jpといったドメインに比べて歴史が浅いため、
認知も低く、ドメインとしての信頼度も低くなっていました。

いまでも.vcなんてドメインは、知らない人が見たら、怪しいサイトかな・・・?と
ちょっと疑ってしまいますよね。
ちなみに.vcというのは、カリブ海にあるセントビンセント・グレナディーン諸島のドメインで、ちゃんとしたものなんですが。

そのため、現在ほどの激安ではないですが、.comや.netに比べれば
当時から安い価格設定になっていたわけです。

ところが、そこに目をつけたのがスパムサイト量産業者です。
まともなコンテンツがなにもないサイトを量産して、アクセスやクリックを稼ごうというのがスパムサイト量産です。
もちろん一日一人くればいいほうなのですが、プログラムなどをつかって1万ページとか量産すれば、上手くいけば合計1万アクセスが見込めるわけです。

ところが、この際にも無料ブログを使うよりは、独自ドメインを使ったほうがSEO上有利になります。
でも、大量に生産するので、高いドメインを取得するともったいない。
そこで次の図式が生まれました。

安いドメインを使ってスパムサイトを量産したい
 ↓
.infoが安いからこれを取得して使おう
 ↓
.infoドメインのスパムサイトが大量発生
 ↓
.infoのサイトはスパムが多いとしてSEO上不利に
 ↓
.infoドメインが売れなくなってレジストラが困る
 ↓
.infoドメイン激安キャンペーンを開始
 ↓
他のレジストラも追随して.info激安キャンペーン展開

とまあ、このような経緯があって.infoドメインの激安が定着したわけです。

もちろんSEO上不利とされているからといって絶対に上位表示ができないわけではありませんし、ビジネスの都合でスパムでないサイトを大量に作る必要もあるでしょう。

そういうときには.infoはとても便利なドメインなので、上手に使い分けていきたいものです。

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 承認待ちコメント

    2011/08/29(Mon) 21:00- [ URL|Mail ]

    このコメントは管理者の承認待ちです

  3. 承認待ちコメント

    2011/12/12(Mon) 13:23- [ URL|Mail ]

    このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイト

ブックマーク&RSS

あわせて読みたい

あわせて

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。